Pochi-KoBoの工作日記

カプラーと内装ばかりに手間をかける某集団代表、納車時の各部のスミ入れが日課。作りかけの御殿場駅モジュール(全長3,600mm)は駅舎の情報不足で停滞し、各部の経年劣化でストラクチャーのリニューアルが待たれる(だめぢゃん)

各種加工

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その6「カプラーとデカール」

#シキ180 #甲府モデル #素組しない派 pic.twitter.com/j4AlT5ihYy — Pochi。工房 (@Pochi_Ko_Bo) November 2, 2018 台車も塗りました、これで塗装はひと段落

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その5「荷受梁、組む」

主要なパイピングがひと段落し、台車受け梁の塗装まで進んだシキ いよいよ最終段階とも言える荷受梁の造形に入ります

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その4「続、ブレーキ配管」

ようやく別パーツ化・パイピングが本格化してきまして

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その3「車高調整とブレーキ配管」

基本的な造形がほぼ決まった状態のシキ180 ですが ここから細部に手を入れてみようと画策しておりまして どこまでやるかは未定なものの、あれやりたいこれやりたいが次から次へ 今日はちょこっとだけコピー用紙挟んで瞬着で固めやすりで仕上げスロープを固定…

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その2「改造、するよっ!」

2回で組み立てについてはなんとか纏めようかと思っていたものの 意外に画像も多く残してあってぼりゅーみーなわがままぼでぃ状況で どうかなぁと思いつつ進めていくですよ 今回、このシキ 180 を組むにあたって 予備知識もないので資料集めからスタートとな…

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その1「メインフレーム組立」

歯医者さんの製作が自分が思うスピードに比べ遅々として進まず気分転換がてらと先日仕入れてきたペーパーモデルを引っ張り出す 『シキ180』 甲府モデル(ペーパーキット) | 鉄道喫茶 パンケーキコンテナ (甲府モデル) Nゲージ シキ180(2代目) ペー…

シキ1000 補強フレームを作る

変圧器風の積荷を作って俄然弄り対象に躍り出た感のあるTOMIXのシキ 1000 (当社比) 今回たまたま甲府モデルさんに伺う機会があったからというお話なものの 一つだけ心残りというか引っかかりの残る件があり…

甲府モデル『シキ1000 変圧器風積荷』を作る

先日伺ったパンケーキコンテナ(甲府モデル)さん ペーパーモデルをいくつかお買い上げしてきましたが そのなかで最初に手を付けたのがシキ 1000 の積荷 … Nゲージ シキ1000用 変圧器風積荷 ペーパーキット | 鉄道喫茶 パンケーキコンテナ (甲府モデル)

芝川MPro。歯医者さんを作る(10)『診察室周りの外壁(1)』

アシェットから 1/43 のミニチュアカーコレクションが始まりまして 初回品である『トヨタ TS050 '17』 を近所の TSUTAYA で発見 個人的にお気に入りのメーカーである MINIMAX の Spark 製とのこと 初期は 4,000 円台だったミニチュアカーも 主要生産地である…

芝川MPro。歯医者さんを作る(9)『診察室周りのガラス(3)』

接着剤、近所のカインズにありました これは瓶の形状どうにかなんないもんかなぁ…倒しちゃいそうで怖いよね、だばーまでがセットみたいな で、出窓を組むにあたって治具を用意しました

芝川MPro。歯医者さんを作る(7)『診察室の屋根と床板』

沼津の駅裏にあるイベントホールの2階通路にバカデカイ模型が置いてありました 駅の高架工事の完成イメージらしいですな こうなるとやる気満々という感じで、もう引き返すのは困難なんでしょう 新しい車両基地だそうですよ、何を置くんでしょうね? ってか…

芝川MPro。歯医者さんを作る(6)『診察室周りのガラス(1)』

屋根が形になってきまして そろそろガラスの製作を避けて通れない状況になってきました

芝川MPro。 踏切の踏み板を作る(1)

先月の芝川図書館での展示の際裏山の脇にある道路と線路の交差部分については TOMIX のリレーラー線路の踏み板部分で代用 ただ、やはり専用品というわけではないため雰囲気的には悪くなかったものの道路の幅と踏み板の幅が合わず不自然な状態で… 既製品とし…

ジオコレ はたらくクルマのスミ入れと一部塗装

はたらくクルマのジオコレ記事は伸びますねぇ…( ̄ω ̄;)ちょっとこわごわ(記事のアップ)やってますけど で、記念すべき 100 記事めだそうですよ奥さん(誰? で、今回は荷台の中を塗りますよ…というお話(なんかトーマスとかでこんな言い回しでした?) ケ…

芝川MPro。歯医者さんを作る(5)『階段塔と床板』

鉄コレの京急とジオコレのトラックの記事が伸びています 過去は振り返らないのでいいんですが そのまま忘れるので掘り出し物と思って買ってくるとダブりますよね ジオコレにしろブックオフの108円にしろ…どうでもいいですね。 建物の特徴的な部分である階段…

ジオコレ はたらくクルマのスミ入れと保管

Nゲージをやっていると徐々に増えてくるモノがいくつかありますが ・フル編成で揃えてウレタン交換すると増える増結セットのケース ・ついつい発売されると、箱買いしないまでも指名買いで買ってしまうジオコレ …特にバス・トラック・トレーラーは財布が緩…

鉄コレ 京急1000形 非冷房 (その2)

前回、BMTN 化・ウェイトの搭載と動力化まで完了してましたが 車輪は KATO の定番 11-605 を使います カプラーポケットを活かそうとすると車軸の太さと干渉しちゃいますが 個人的には基本 BMTN 化するのでほぼほぼこの車輪を使っています で、パンタ。 なに…

芝川MPro。歯医者さんを作る(4)『積層10枚。』

ザルかモリかみたいな…(ぃゃ 床板(?)積層部 なんとかそれっぽくは積み上げてやりました フレーム状の造形は思ったよりいい感じでアリだね 実物より厚みがないのはご愛嬌で。(≧∇≦)

芝川MPro。歯医者さんを作る(3)『ただ、ひたすら、積層。』

合間を見つけてぼちぼち組み始めました Rやエッジに思うところはあるものの基礎部分に使う分にはなんとか行けそうな亀吉君カット とりあえず螺旋階段を積み上げますが何せ1枚が約 0.5mm という厚み階段1段を考えると 1mm (実物換算約 15cm)は欲しいところ…

鉄コレ 京急1000形 非冷房 10連

つい先日、密林で6両セットBがほぼ半値に落ちたのを確認 トミーテック ジオコレ 鉄道コレクション 鉄コレ 京急電鉄1000形 非冷房車 (1次・2次量産車) 6両セット B ジオラマ用品 (メーカー初回受注限定生産) 出版社/メーカー: トミーテック(TOMYTEC) 発売日…

芝川MPro。歯医者さんを作る(2)『亀吉くん出る。あれ?』

実はちょっと気分が乗り切れないでいるのですが …いうのも、結構にRが多いんですわR6.5 とかR4とか中途半端なやつがアーチ状の造形があちこちにあるからなんですが で、ハタと思い出してタンスの上に放置していた箱を降ろします 図面は当面重要と思われ…

芝川モデリングプロジェクト(?)歯医者さんを作る(1)『作れんの?』

さて、始まりました『芝川模型化計画』。(ぃゃ、まだ誰にも言ってないって 先日の芝川図書館公開運転会でも話題となりました周辺をモチーフにしたディオラマ風の展示ですが芝川図書館のウェブサイトでも取り上げていただきまして 図書館スタッフさんに喜ん…

ストラクチャー(山)を作る(12)現場に持ち込む

ジオコレを並べるの図(一部「ワーキングビークル」なのはまぁ…) 実物と並べてみた、まぁまぁ

TOMIXの組み線路(+KATO 複線カントレール)で本線の複線間隔を詰めて(27mm)みる(その7)事前準備完了

さて、実際に KATO と TOMIX のレールを繋げる場合KATO の側に画像のようにジョイントを付けます これは KATO のフレキシブルレール用のモノで切り出す際に根元のフレーム部分を残しておくことで枕木の間に収まり、ストッパーのように抜けにくくすることがで…

ストラクチャー(山)を作る(11)木を作る(2)と背景画

背景画というか 現地で撮った写真をトリミングしてちょっと加工したものを置いてみる 何もない(右)と比べると、無いよりあったほうがいいかもねくらい

TOMIXの組み線路(+KATO 複線カントレール)で本線の複線間隔を詰めて(27mm)みる(その6)

線路配置がほぼ固まりました 4,200 × 1,100 の複々線で 2,200 超えの留置線4本付き (列車交換は不可(笑)) 450 × 300mm のボードを 20 枚使用

ストラクチャー(山)を作る(10) 仮設落石防護柵の設置

小物も揃ってきましたよと 仮設落石防止柵と呼ぶらしい、いかにもな造作の錆止め塗装っぽい鉄壁

ストラクチャー(山)を作る(9) 待受式擁壁(3)

表面に一部艶が出ていたので落ち着かせようと つや消しのクリアーを吹いたところ 毛 ~ ~ ~ 羽 ~ ~ ~ が ~ ~ ~ (TДT)

ストラクチャー(山)を作る(8) 待受式擁壁(2)

『空研ぎペーパー…貼っちゃう???』からの…という感じで 作業時間の短縮を優先して表面はペーパーを貼ることに決定

ストラクチャー(山)を作る(7) 待受式擁壁(1)

法面の手前に落石避けとして設置される衝立を『待受式擁壁(工)』と呼ぶそうで 幅があってフェンスもあるという造形的にはシンプルでも作るのに悩む形状 当初は一体式で考えていたものの、思ったより加工が厄介と判断し 薄板の組み合わせで形にすることで決…