Pochi-KoBoの工作日記

カプラーと内装ばかりに手間をかける某集団代表、納車時の各部のスミ入れが日課。作りかけの御殿場駅モジュール(全長3,600mm)は駅舎の情報不足で停滞し、各部の経年劣化でストラクチャーのリニューアルが待たれる(だめぢゃん)

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その10「完成、そして面接へ・・・(え"」

f:id:Pochi-KoBo:20181211002515j:plain 

ほっそい金属線が届いて、いよいよ最終局面に入ってきました

その構造が今ひとつ不明だった空気溜めに掛かるハンドル

どうも空気溜めに残った空気を必要な時に抜くためのバルブ操作用のものらしい

 

0.2㍉は細いっすな、予想以上に

真鍮線だとペランペランなところ、ピアノ線だと弾力はあります

操作部とバルブを覆う小さなカバーが付いているようなんだけど

さすがに小さすぎて造形は厳しめっぽい

なんとなくそれっぽく見えそうなものを付けるかどうか要検討

続きを読む

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その9「金属部分、簡単に、ブルーイングっ(黒染め)」

f:id:Pochi-KoBo:20181127003040j:plain

f:id:Pochi-KoBo:20181127003045j:plain

ブレーキハンドル・ステップも形になり

必要と思われる艤装(?)もほぼほぼ揃ってきました

続きを読む

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その8「ブレーキ配管とハンドル」

f:id:Pochi-KoBo:20181123130756j:plain

小部品も付いて仕上がってきたシキ

ここまでやればね、ほぼいいんぢゃないの?…って思うわけで

 

 

 

 

病気が出なければね。

続きを読む

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その7「ステップとケースとブレーキホース」

f:id:Pochi-KoBo:20181119003051j:plain

塗装が終わってデカールも貼り終えたシキ

カプラーもボディマウント首振りTN化できたので

主だったところは目処がつき、あとは仕上げ段階といったところ…

カプラーポケットはプラ板の箱組みで難しいことはやっていません

カプラーの穴が長穴なので、1㍉未満の丸棒を挿して長さ方向の調整をします

今回は一番長さが使えるように1㍉丸棒が最後方に挿さる位置で留めました

 

ショートシャンク化したい時には逆にすれば良いわけです

TOMIX の機関車に使う場合などがそうなりますね

続きを読む

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その6「カプラーとデカール」

f:id:Pochi-KoBo:20181108011108j:plain 

台車も塗りました、これで塗装はひと段落

続きを読む

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その5「荷受梁、組む」

f:id:Pochi-KoBo:20181103122708j:plain

主要なパイピングがひと段落し、台車受け梁の塗装まで進んだシキ

いよいよ最終段階とも言える荷受梁の造形に入ります

続きを読む

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その4「続、ブレーキ配管」

f:id:Pochi-KoBo:20181101231434j:plain

ようやく別パーツ化・パイピングが本格化してきまして

続きを読む

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)番外編「ヒャッハー!こいつ、スポーク履いてるぜぇっ⤴︎」…みたいな。

 工作中断してあれこれ検証っす

 通販で注文していたブツが届きました

標記デカールっす、これで必要なものは揃いますた

 

f:id:Pochi-KoBo:20181030123833j:plain

続きを読む

甲府モデル 『シキ180』を作る(ローダウン・補強・回転軸構造変更)その3「車高調整とブレーキ配管」

f:id:Pochi-KoBo:20181024014107j:plain

基本的な造形がほぼ決まった状態のシキ180 ですが

ここから細部に手を入れてみようと画策しておりまして

どこまでやるかは未定なものの、あれやりたいこれやりたいが次から次へ

ひとまずは先端のスロープを固めようと

折り曲げ用に軽く入ったスリットにコピー用紙を挟んで瞬着を流して固定

これで戻ってくることは無くなるでしょう

(角度が付きすぎて台車のカプラーアームに当たったのはここだけの話)

続きを読む